スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まったく!

  • 2007/06/27(水) 00:53:20

今日は代官山におけいこにいっただ

電車に乗ると最低一つはブログのネタになるハプニングがある

めんどっちいから書かないだけだが
書くのが大好きなら筆まめならネタには事欠かない

ほんで、今日もあれこれとびっくりするような光景を見たが
それよりも

なんじゃ~われ!

みたいな・・・

ことに遭遇したの書く!

代官山の帰り渋谷の駅にてブラブラ
なにやらおいしそうなパンやがあったので入った
パン 3つ4つとトレーに入れていると そこえ5,6歳ぐらい男の子

並べてあるパンにかろうじて手が届く。
なんと、そのパンに手を伸ばし片っ端から触っている

しかも!

手を舐めて触る 触る 触る
ずぅ~~と はしから 端えグルリと触って遊んでいる
わたしはそれを観てぞっとした 何に驚いたかちゅうと
母親がそれをみて笑っている
おいおい!非常識だろう!(私内心思うが注意できない小心者)
母親はわが子の唾はなんともないかもしれんが
他人は汚いと思うのは通常の感覚だろう

ここで我輩は学習したのであります
パン屋に行ったら一番下のパンは買ってはいけない
絶対にこうゆう事がこの店だけではなくどこでもありえることなんだ

で・・・


レジにいって計算してもらう時に店員に言った
「子供がパン触って遊んでいるからやめさせなさいよ!」
と、ちょっと憤慨して伝えておいた

まったく!どうしようもない親子だ。
皆様 一番下の棚のパンにはおきお付けあそばしてね

1012_2.jpg

スポンサーサイト

高橋内科

  • 2007/06/08(金) 00:43:54

今日も以前通っていた病院のお話しです
週2回は点滴を打ちに高橋内科に通うことにした

ご近所に病院がないわけでもないが
とりわけ名医でもないし
私とうまが合いそうなわけでもない(患者と医師の相性)

が・・・・
しかし・・・・

ここは結構おもしろいcutecat.gif


一時間で大体4,5人の患者が診察を受ける

先生「今日はどうしました?」
大体どこの病院の先生も↑こういう 高橋内科の先生も例外ではない

で・・・・ここまでは同じだが後の言葉が違う

患者「頭が痛くて 吐き気が~」ウンヌン~かんぬんと苦痛訴える
先生「ああ・・そうですか?」
  「どうしたらいいんですか?」
患者「調べてください」
先生「看護婦さんどうしたらいいですか?」
看護婦「そうですね~どうしましょう」


大体こんな会話がつずく
それはどんな患者でも必ず「どうしたらいいですか?」



先生は必ず患者や看護婦さんに聞く

わたしはいつもこれが可笑しくて一時間の暇つぶしになる
この病院に来る患者はどうしたらいいですか?と
必ず聞かれるからそこは心得たもんで

わたしみたいに「点滴!!」
それも「疲れるから、元気がでるやつ!!」
そしてこうも言う「ビタミン剤 一時間のでいいです!」

治療方針を決めて来ないと「どうしたらいいですか」
で終ってしまう。


ヤブなんか・・・・こんな先生はどこにもいない
民主主義なんか。(^_^;)ここに来る患者さんはみな軽症であるみたいだから 

これでよいのか。
dognenne1.jpg

またまた病院でのお話し

  • 2007/06/01(金) 09:17:08

随分前だけど思い出した

体調の悪い私に友達が言う「この病院いってみたら~」

良い先生よ~と。
だもんで今日は高橋内科でのお話で~す

いわれるまま行ってみた
問診が5分ぐらいして疲れの原因は不明という
それはそうだけど。詳しい検査がひつようですよね
まぁ~普通の医者という感じがしたしとりわけいいとも思わなかった

わたし「先生疲れが激しいので今日は点滴御願いします」
かくしてわたしは診察室にある小さなベットに。

こ一時間の点滴はマジくたびれるし退屈極まりない
ので やっぱ傍で診察している先生VS患者のやりとりは耳ダンボになるのだ


とそこえ中年のオバサンが・・・・(声から察している)
患者「頭が痒いんです」
先生「いつごろからですか?」
患者「10日ほど前から徐々に痒くなりました」
  「今日は我慢できないので見てください」

なにやらこの後無言がつずく 多分髪の中を顕微鏡あたりで見ているのか・・・想像逞しいあたち.しばらくして先生奇声を上げる

ん?!!

先生「う・・ううううう・・・・~~ん??まさか!!」
患者「な・・なんですか!先生!」





先生「毛じらみです」




うちには薬がない!」font>と言うと知り合いの病院にTELを掛け捲っていた

わたしはその時初めてしったのである
頭にも毛じらみがいるのか・・・
そして疑問にも思ったのであります
してそのしらみはどこから頭に進入したのか。

高橋内科のお話はまだまだつずくのであります

99doc2.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。